2012年9月2日日曜日

てめぇ、パープーの本気です

今日は、紆余曲折を経て結局買えなかったFTOをもう一度ゲットすべく、千葉まで行って来ました。試乗なんかもさせて頂いたのですが、比較対象がサクシード、ムーブ、サンバー、GOLF4くらいしかなく、しかも相手は腐ってもV6の2000cc、良いのか悪いのか分かりませんでしたw
ただ、いつも運転する時にこの車はいまいちだなぁと思うポイントとして、

・アクセルぎゅっと踏んだら真直ぐ進まない
・ブレーキ・ステアリングがふにゃふにゃで楽なのに疲れる
・エアコンが効かないor無い(サンバーだけでしたけど)
・エンジンから異音(最後の方のムーブちゃん)
・立ち姿が変(かしがってたり)

だけは何となく分かる気がするので、そこだけはチェックしてきたつもりです。まぁ大丈夫な気がしたんで大丈夫でしょう。元々が格安な中古車、贅沢は言えんと思うしね。んで、購入の方向で頭は固まりつつ有るのですが、今日の収穫は思わぬ所に。

電車の乗り換えで降りた駅で、なんとなく潮の香りがしたんです。場所は船橋、ここは僕が中学生の時から大好きだった漫画の主人公の街、渚のモデルです。そのまんがは本気!ってゆうヤクザ漫画なんですけど、結構面白いです。

そんなわけで、本気がいつもふらっといる赤橋を見てきました。
場所はこのあたり。

船橋駅からららぽーとに行く方向です。


なんか昭和の香りが残っててヨサゲじゃないですか。

モデルに成った橋は、平成12年に架け替えられたらしいです。。。


せっかくなんで渡ってみました。石神さんや他のヤクザたち、久美子さんとか協会の子たち、みんなここに行けば本気に会える、そんな場所だったんですよね。

ここで本気の好きな場面をw

・本気の服役中にすずめたちが青森まで行っちゃう所。
久美子さんに青森の雪を持って帰るすずめとか、すずめたちが凍死しそうになってる所を刑務所長が助けて、それを知った本気が所長に土下座する所、渚ののりで作ったおにぎりを貰って泣く所、青森刑務所編は良い所が多かったです。

・吉村が菊地を射殺する所。
借金を背負ってやくざになっちゃった吉村のおっちゃん。本気に肩代わりしてもらって堅気になったのに、最後は菊地と相打ちで死んじゃうんです。つーか、安全装置の解除ができなくて撃たれてからの、染谷の「もう3cm右」か。なんとも言えない切ない遺書。地獄の一人旅、可哀想じゃありませんか。だったかな。一人旅ってのは、ヒロユキだったと思うんだけど、そいつが菊池組に殺されて、おっちゃんは仇討ちに行くんですよね。

・久美子さんの食べた綿飴の割り箸を貰った本気が、間接キスしようとするも思い留まり、彼女(両家の娘)と自分(チンピラ)では身分違いだからこれ以上は近づいちゃなんねぇと決意を固める所。
この後、風岡総長に星ともぐらの話をするんじゃなかったかな。このスタンスは久美子さんが病気になって死んでもずっと一緒。おれにゃ勿体無いなんてスタンスんのまんまエッチもしないで新婚初夜を終える本気と久美子さん。なんかこう最初っから最後まで儚い感じの二人の関係が、序盤の主軸の一つなんじゃないかと思います。

・バンマツリを買う緑山
地味な花の鉢植えが気になっている本気。紫で地味なんだけど香りが良いらしいのですが、それを聞いて花には申し訳ないけど極道に似合いそうな花だ、堅気さんの前でひっそり生きていく代わりに、せめて香りだけは…みたいなヤクザ観を語り出すんですが、なんか好きな場面です。

まだまだたくさんありますが、とにかくお勧めの一作です。50巻ありますけどw

とりあえず、漫画家さんになりたいひとは、立原あゆみの背景の書き方とか参考になるんじゃないかな。あと、散歩好きな方は、船橋はぜひお勧めです。





0 件のコメント:

コメントを投稿